トップページ > 個人融資 > 個人融資 サイバー犯罪から身を守るためにできる4つのこと
個人間融資掲示板-スマートBBS-
個人融資掲示板-スマートBBS-個人融資掲示板-スマートBBS-

個人融資 サイバー犯罪から身を守るためにできる4つのこと

今回の個人間融資 掲示板 スマートBBSの記事は「サイバー犯罪から身を守るためにできる4つのこと」です。

サイバー犯罪が世界に与える被害は、2021年までに年間6兆ドル(約650兆円)近くになると見積もられている。

この数字は、世界規模のサイバーセキュリティー企業であるハージャベック・グループ(Herjavec Group)の支援により、サイバー情報調査会社サイバーセキュリティー・ベンチャーズ(Cybersecurity Ventures)が実施した2019年の報告書によるものだ。
ハージャベック・グループは、サイバー攻撃が現在、最も急速に増えている犯罪行為だと報告している。

お金や個人情報、金融情報の盗難、生産性の喪失、重要な企業・個人情報に損害を与えることや破壊は全てサイバー犯罪として分類されている。
残念なことに、ハッカーやサイバー犯罪者はますますそのスキルを上げている。
米ホテルチェーンのマリオット・インターナショナルは近年、大規模なデータ漏えいの被害に遭い、最大5億人の宿泊客の名前や住所、電話番号、誕生日、電子メール情報を流出させた。

こうした数字は驚くほど大きなものだが、サイバー犯罪から身を守るために取れる対策はいくつかある。

1. 厳格な安全策を講じる

一部の人にとっては明白なことかもしれないが、さまざまな文字や記号(ハッシュタグやクエスチョンマーク、パーセント記号など)を使ったパスワードを作り、それを頻繁に変えること。
誕生日や子どもの名前などよく使われるものは避け、他者がパスワードを解読できないよう、できる限り難解なものにする。

また、二段階認証が使えるときは必ず活用し、アカウントをより強固なものにしよう。
二段階認証は、アカウントにログインするたび携帯に送られる一度限りの暗証番号を入力することを必須とすることで、追加のセキュリティーレベルを設けるものだ。

2. コンピューターのOSをアップデートする

通知を受けたときには、コンピューターや携帯電話のオペレーティングシステム(OS)をアップデートすること。
その際まずは、その通知が本物であることを確認する。
また、新たなオペレーティングシステムではこうしたシステムの安全性が常に改善されているため、金銭的な余裕がある場合は数年に一度、新たなコンピューターやノートパソコンを購入することを勧める。

3. 金融機関からの電子メールの開封には注意する

利用している金融機関から届いたメールの添付ファイルは、それが本当にその会社から送られてきたものだと100パーセント確信できない限り開けないこと。
疑わしい点がある場合、その会社に電話して確認しよう。
ただしその場合は、実際の企業の連絡先に確実に電話をかけられるよう、インターネットで問い合わせ先の電話番号を探すこと。

4. アカウントへのアクセスには必ず安全な無線LANを使う

ファイルへのアクセス、特に金融アカウントへのアクセスには無料の無線LANサービスを使わず、常に安全なサーバーを使用すること。

詐欺やサイバー犯罪により、世界中の企業や個人に数十億〜数兆ドル(数千億〜数百兆円)規模の損失が生じる中、ネット上での取引をより賢く、念入りに行うことが非常に重要になっている。
ここに挙げた予防措置を取ることで、サイバー犯罪に遭う確率を大きく減らすことができる。

個人間融資 掲示板 スマートBBS 管理人

« »