トップページ > 個人融資 > 個人間融資 エボラと闘った米医師が訴える「マスク」を巡る重大な問題
個人間融資掲示板-スマートBBS-
個人融資掲示板-スマートBBS-個人融資掲示板-スマートBBS-

個人間融資 エボラと闘った米医師が訴える「マスク」を巡る重大な問題

今回の個人間融資 掲示板 スマートBBSの記事は「エボラと闘った米医師が訴える「マスク」を巡る重大な問題」です。

新型コロナウイルスの感染拡大は、医療従事者が必要とするマスクの不足につながり、一般の市民には医療用マスクの買い占めを控えるようにと求められてきた。だが、その要請はこれまで、ほぼ無視されてきたようにみえる。

感染症と公衆衛生が専門の医師であり、エボラウイルスのような特異な病原体の感染の封じ込めや生物戦争における防衛を研究する筆者は、世界保健機関(WHO)の地域事務局、汎米保健機関(PAHO)がカリブ海諸国で行った新型コロナウイルス対策の準備を支援するための活動に参加。4月初めに米国に帰国した。

そのとき空港で見かけたのは、バンダナや手作りのフィルターから医療現場で一般的に使用されるものまで、さまざまな「マスク」を着けた多くの人たちだ。そして、その姿が示していたのは、新型コロナウイルスとその感染を防ぐためのマスクの有効性に関する「根本的な誤解」だった。

医療従事者が利用できるマスクの供給量が少なくなっている上に、多くの人が不適切なマスクの使い方をしていれば、感染の危険性はかえって高まることになる。

誤った使用の例

このパンデミック(世界的流行)のなかで、決定的に大きな問題となっているのは、誤ったマスクの使い方だ。例えば、空港の税関職員はアクリル製の透明のバリアで囲われ、保護されたスペースの中に座りながら、医療従事者用のN95マスクを着けていた。

一方、入国審査のスペースでは、旅客との間に30cmほどの間隔も保てない場所で、口元を何かで覆っておくべき職員たちが、何も着けずに立っていた。昼食を取っていたらしい4人家族のうち1人は鼻を出して、もう1人は顎の下にマスクを着けていた。

2人の客室乗務員はマスクを顎にずらし、間が30cmもないほど顔を近づけて、おしゃべりに熱中していた。ある若い母親は、身をよじらせて泣いているまだ歩けない赤ん坊の息子に、必死でマスクを着けさせようとしていた。その間、母親は何度も何度も、息子の顔を手で触っていた。

ゴム手袋をしようとしていた男性は、その間マスクを頭の上に引き上げていた。ほかの2人の男性は、ひげを生やしているのにN95マスクを着けていた。ひげを伸ばしている場合、微粒子はマスクと肌の隙間から出入りする。

無駄にすることが感染リスク

混雑したバスや地下鉄の中など、社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)が取れない場所で感染から身を守るためには、マスクが有効だ。正しく着用していれば、手で顔に触るべきではないことも思い出させてくれる。

だが、食事をしたり、会話をしたりするために何度も着脱するような状況では、マスクはかえって感染のリスクを高める可能性がある。ウイルスが付着して汚染された手で、食べたり、鼻をかいたり、目をこすったりすることで、自らウイルスをまき散らしてしまう危険性があるためだ。

同様に、何度も着けたり外したりするなら、手袋も感染防止にはあまり役に立たない。手の平の部分に付いたウイルスを、手の甲やその他の部分にも広げてしまうからだ。手袋を頻繁に洗うことも難しい。それならば、感染の危険性が非常に高いエリアに入り、出てくるときに廃棄してくるという特殊な環境以外では、手袋は最初から使わない方がいい。

パンデミックが続くなか、世界中がマスクを奪い合う状況になっており、医療従事者に十分にマスクを行き渡らせることが困難になっている。当然ながら、頭の上に乗せて、無駄にしてしまうべきではない。使うのであれば、ぜひ正しい着け方をしてもらいたい。同時に目を保護し、手を頻繁に洗えば、感染のリスクは減らすことができる。

個人間融資 掲示板 スマートBBS 管理人

« »