トップページ > 個人融資 > 個人間融資 官房長官と首相の芸風の違い
個人間融資掲示板-スマートBBS-
個人融資掲示板-スマートBBS-個人融資掲示板-スマートBBS-

個人間融資 官房長官と首相の芸風の違い

今回の個人間融資 掲示板 スマートBBSの記事は「官房長官と首相の芸風の違い」です。

安倍晋三首相の辞任を受けた自民党総裁選。下馬評通りに、菅義偉官房長官が14日に行われた自民党総裁選で圧勝し、次の首相の座を射止めた。菅氏の名声を高めたのは、2012年末から8年近くにわたって続いた安倍政権での安定した政権運営能力だ。だが、総裁選では、「名官房長官、必ずしも名宰相たらず」ではないかと危ぶませる姿もみせた。果たして、菅氏は歴史に名を残す総理になれるのだろうか。

菅氏が危さを見せたのが、8日夜のTBSの報道番組での発言だった。菅氏は 「自衛隊の立ち位置というのが、憲法の中で否定をされている」と述べた。9日午前の記者会見で、この発言の真意を問われると、「若干、言葉足らずだったため、誤解を招いたかもしれない。憲法に違反するものではないというのが政府の正式な見解だ」と訂正した。政府は自衛隊について合憲との立場を取っているからだ。

菅氏は11日、将来的に消費税率を引き上げる必要があるとした10日夜の自らの発言について、従来の政府方針を逸脱するものではないと釈明した。

少なくない永田町・霞が関の関係者は、一連の菅氏の訂正発言に驚いた。菅氏こそ、8年近く続いた安倍政権下で、1日2回の官房長官会見を無難にこなした人物だったからだ。日本のキャリア官僚の1人は「我々にとって一番困る官房長官とは、面白い話を要求する人だ」と語る。

官房長官秘書官の朝は早い。午前4時くらいには起きて、主要紙の朝刊すべてに目を通す。「これは午前11時からの会見で質問が出るな」と思ったニュースをみつけると、すぐその担当官庁に連絡を入れ、応答要領を作るよう指示する。その要諦は、官房長官会見が契機になって政治的な混乱が起きないよう、とにかくニュースにならない平穏無事な、言い換えれば「つまらない応答要領」を作るというものだ。「特にコメントはありません」「従来の政府の立場そのものであります」といった回答がベストアンサーだ。

官僚にとって、一番手に負えない官房長官とは、「こんなつまらない内容で国民が納得すると思うか。何か面白い話はないのか」とご下問するタイプだ。こんな人にかぎって、官房長官会見で政権運営が立ち行かなくなるような舌禍事件を起こす。その点、菅官房長官は平気で、「木で鼻をくくった記者会見」を演じることができた。

菅氏は、1日2回の記者会見が、自分にとって勝負どころとは思っていなかった。自分の勝負する場所は、政策のとりまとめであり、永田町の荒波をかき分ける政権運営であって、記者会見の場所ではなかった。霞が関官僚の一人は「我々にとって、一番良い官房長官会見とは、ニュースにならない会見を意味する。菅長官は最高の官房長官だった」と語る。

では、なぜ、危機管理に強かった菅氏が、自民党総裁選で何度も発言を訂正する事態に陥ったのか。霞が関官僚の1人は「官房長官の会見では、官僚が作ったつまらない応答要領を読むだけでよかった。だが、総裁選では、政治のリーダーとして魅力のある発言をしなければいけない。そこで官僚が助けてくれるわけではない。官房長官と総理の発言では、芸風に違いがあるのですよ」と語る。

菅氏は2014年に内閣人事局を立ち上げ、「政策に従わない官僚はやめてもらう」と公言してはばからない剛腕の持ち主だ。そのお陰で、官僚は菅氏を全力で支えてきた。しかし、政治家として魅力のある発言をしようと思えば、官僚が公では発言できないような発想が求められる。吉田茂首相が、米軍を番犬扱いにして唱えた「日本軽武装論」、池田勇人首相の「所得倍増論」、田中角栄首相の「日本列島改造計画論」などだ。

もしかすると、菅氏はこうした歴史に名を残した宰相たちに比肩する能力の持ち主なのかもしれないが、これまでの発言を聞く限り、まだその器の片鱗を見せたとは言えない。何より、菅氏には「名参謀」「官僚の名操縦者」という称号はあるものの、政治家として有権者を感動させるビジョンや構想をまだ示せずにいる。

官房長官という仕事は1日に2回、記者会見を行う仕事でもあるため、メディアの注目が集まりやすい。そのため、官房長官として名采配をふるった政治家に、「次は首相」という声がかかることがある。しかし、プロ野球で「名選手、名監督たらず」という言葉があるように、永田町でも「名官房長官、名宰相たらず」という言葉がしばしばあてはまる。

かつて、この真理を知り、宰相の座を辞退した官房長官経験者もいた。1989年にリクルート事件で竹下内閣が倒れたとき、自民党総裁候補に推された後藤田正晴氏も中曽根内閣で名官房長官と呼ばれた人だった。後藤田氏は当時、自身が警察官僚出身者であることや田中角栄元首相との関係などを挙げ、「自分は総大将にならない方がよい」と言って党総裁・総理への道を断った。

このとき、第2次大平内閣で官房長官を務めた伊東正義氏も、清廉な人柄を買われて総理・総裁候補に推された。だが、伊東氏は「本の表紙を変えても、中身を変えなくてはダメだ」と言って、やはり断った。伊東氏はこの政局の際、竹下氏に「あんたには気の毒だが、オレがやったら、伊東は竹下、金丸、安倍、中曽根、宮沢にかつがれた傀儡だと世間はいうだろう」と語ったともいう。

一方で永田町の住民なら誰もが知っている「総理にはなりたい時にはなれない。なれる時にならなければダメだ」という言葉もある。ある永田町住民はこう言う。「1日でも総理をやれば、その後はずっと元総理として生きていける。素晴らしいではないか」。

菅氏がこんな、永田町中心の発想の持ち主ではないことを祈りたい。

個人間融資 掲示板 スマートBBS 管理人

« »